忍者ブログ
【小話】父子2

 コノハナサクヤヒメは、ニニギとの一夜の契りで子を身籠った。しかしニニギに実子か疑われ、天津神の子であると証明するために、火を放った産屋の中で三人の子を出産した。
 という話を聞いたニニギの息子たち。
「父上って、良いところ何かありますか?」
「……返す言葉もない」

拍手[0回]

PR
【2019/09/17 17:24 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】父子

 大山津見神は二人の娘を嫁がせたが、ニニギは美しい妹だけを娶り、姉の石長比売は帰らせる。石長比売を拒んだことで、ニニギとその子孫は岩のような永遠の寿命を失った。
 という話を聞いたニニギの息子たち。
「父上が面食いなせいで、我々まで……」
「……何というか、すまん」

拍手[0回]

【2019/09/16 21:21 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】セキ

 居間の机に何かのリーフレットが置かれ、上にテレビのリモコンが載っていたので、「セキ」という文字だけが見えた。
 脳内をセキセイインコが羽ばたいたが、リモコンをどけて見たら「セキュリティ」だった。確かに、セキセイインコのリーフレットを貰うことは滅多にないと思う。

拍手[0回]

【2019/09/15 19:20 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】延期

 日に日に膨らんでいく月を見上げては、ため息をつくかぐや姫。心配になったお爺さんお婆さんは尋ねます。
「かぐや姫や、どうしたのかね」
「……満月になったら、月から迎えが来て帰らないといけないのです」
 しかし、十五日は月も見えないほどの豪雨で、一ヶ月延期されました。

拍手[0回]

【2019/09/14 21:19 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】発光

 竹藪に竹を伐りに行くと、一部が光る竹を見つけた。しかし、光っている節が自分の身長よりも高いため、そこを伐って確かめるのは難しい。
 普通に根元付近を伐ると、傾きつつある竹(光る節の辺り)から
「ぎゃー倒れる倒れる」
という悲鳴が聞こえた。中に何か入っていたようだ。

拍手[0回]

【2019/09/13 20:56 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】徹夜

 我々は三尸(さんし)、人体に住む虫三匹。六十日毎の庚申の夜、宿主の睡眠中に我々が抜け出し、宿主の悪行を天へ報告するので、人々が決して寝ないようにする行事が「庚申待ち」だ。
 人々はオペラ『トゥーランドット』の曲をかけてイナバウアーする、というのは勿論嘘である。

拍手[0回]

【2019/09/12 17:55 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】寺鐘3

 柿を一口かじると、寺の鐘がゴーンと鳴った。風流だなぁ。
 もう一口かじると、また寺の鐘がゴーンと鳴った。
 さらにもう一口かじると、やはり寺の鐘がゴーンと鳴った。
 柿と栗を交互にかじると、ゴーンカッゴーンカッとリズミカルな音が聞こえてきたが、あのカッは何の音だろう。

拍手[0回]

【2019/09/11 17:26 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】寺鐘2

 柿を一口かじると、寺の鐘がゴーンと鳴った。風流だなぁ。
 もう一口かじると、また寺の鐘がゴーンと鳴った。
 さらにもう一口かじると、やはり寺の鐘がゴーンと鳴った。
 ちょっと考え、カジカジカジと小刻みに三口かじると、寺の鐘がゴゴゴと慌てて鳴った。鐘つき係も大変だなぁ。

拍手[0回]

【2019/09/10 17:34 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】寺鐘

 柿を一口かじると、寺の鐘がゴーンと鳴った。風流だなぁ。
 もう一口かじると、また寺の鐘がゴーンと鳴った。偶然だろうが、いいタイミングだなぁ。
 もう一口かじると、また寺の鐘がゴーンと……ちょっと待て、タイミング良すぎるぞ。どこかで誰か、俺の行動を監視してないか!?

拍手[0回]

【2019/09/09 18:43 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】厨房

 白雪姫の城。厨房係が会話しています。
「最近、林檎のストックが5、6個減ってない?」
「しっ。大声で言っちゃダメ。夜中にお后様が持ち出すの、私、見ちゃったのよ」
「6個も? 一人で食べ過ぎじゃない?」
「食い意地張ってるわよね」
 后の知らないところで、風評被害です。

拍手[0回]

【2019/09/08 19:31 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】宝物2

 かぐや姫は五人の求婚者それぞれに、入手困難な物を持ってくるよう要求します。車持皇子が指定されたのは、蓬莱の玉の枝。
 車持皇子は、たくさんの豚まんがついた枝を作らせ持っていきます。
「それは玉の枝ではありません」
 かぐや姫は否定しつつ、豚まんは美味しく食べました。

拍手[0回]

【2019/09/07 16:47 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】宝物

 かぐや姫は五人の求婚者それぞれに、入手困難な物を持ってくるよう要求します。石上麻呂足が指定されたのは、燕の子安貝。
 麻呂足が、野球のヘルメットを被った燕に
「持っておるか?」
と尋ねると、燕は
「ないすがいなら、いるよ。ぼく」
と答えました。それは貝ではありません。

拍手[0回]

【2019/09/06 17:14 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】草履

 ある冬の日、草履を履こうとした武将が、家来に言いました。
「ん、草履がぬくい。さてはお前、尻の下に敷いておったな?」
「滅相もございません。殿の足が冷たくないようにと、この通り、腋の下に挟んでおりました」
「腋の下か、それなら良……いや良くない!」
 怒られました。

拍手[0回]

【2019/09/05 18:49 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】野菜

 悪い后に命を狙われ、森の中の小人の家に住むことになった白雪姫。小人が仕事に出かけ、一人で留守番していると、老婆が訪ねてきました。
「可愛い娘さん、美味しいトマトはいらんかね。キュウリやナスもあるよ」
 数打ちゃ当たる作戦に出ましたが、品揃えが産直朝市みたいです。

拍手[0回]

【2019/09/04 18:46 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】肖像

 とある画家が、果物の静物画を描いた。その絵はとても素晴らしい出来栄えで、キャンバスから臭いが溢れて漂ってきそうなほどに瑞々しい。
 果物は、自分の美しい絵姿を見ながら思う。
「ああ、これから先、自分の代わりに、絵の中のドリアンが乾いてシワシワになればいいのに!」

拍手[0回]

【2019/09/03 17:08 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】果物

 悪い后に命を狙われ、森の中の小人の家に住むことになった白雪姫。小人が仕事に出かけ、一人で留守番していると、老婆が訪ねてきました。
「可愛い娘さん、美味しいドリアンはいらんかね」
「……ど、どりあん?」
 聞き慣れない名前に警戒した姫が断り、后の作戦は失敗しました。

拍手[0回]

【2019/09/02 18:44 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】代用

 白雪姫がまだ生きていて、森の中の小人の家にいる。と、魔法の鏡に教えられた后。毒林檎を作って白雪姫に食べさせようと考えましたが、城には今、林檎がありません。
「仕方ない、他の物で代用するか……毒ジャガイモがいいかしら、毒タマネギかしら」
 カレーの具材みたいです。

拍手[0回]

【2019/09/01 17:50 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】質問

 白雪姫がまだ生きていて、森の中の小人の家にいる。と、決して嘘をつかない魔法の鏡に教えられた后は、毒林檎を作り、老婆の格好で出かけていきます。
 翌日、后が疲れ切った表情で戻ってきて、鏡に尋ねました。
「鏡よ鏡、小人の家までの行き方を教えなさい」
「迷ったんですね」

拍手[0回]

【2019/08/31 10:19 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】呪文

 青い石の首飾りを着けた不思議な美少女が、空から落ちてきた。彼女を家に泊めた少年は、自宅の泥棒除け自作メカについて語る。感嘆する少女。
「まあ、それがあれば留守でも安心ね!」
 偶然、言葉の並びが滅びの呪文になってしまい、遠く離れた天空で古代文明の遺産が崩壊した。

拍手[0回]

【2019/08/30 13:31 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】遅刻

 女の子が土手でうとうとしていると、チョッキ姿で口に食パンをくわえた白兎が駆けていきました。女の子はびっくり。
 兎がポケットから出した時計を見て
「いっけなーい遅刻遅刻!」
と言った瞬間、食パンが地面に落ち、踏んづけてすってんころりんと転びました。完全に遅刻です。

拍手[0回]

【2019/08/29 08:30 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】山梨2

 二匹の蟹の子が水の底で喋っています。
「クラムボンが笑ったよ」
「クラムボンがかぷかぷ笑ったよ」
「クララが立ったよ」
「……クララ?」
「『アルプスの少女ハイジ』」
「……クラムボンは立つかな」
「どうかな」
「そもそも、足あるのかな」
 どんな形状か、誰にもわかりません。

拍手[0回]

【2019/08/28 08:38 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】山梨

 二匹の蟹の子が水の底で喋っています。
「クラムボンが笑ったよ」
「クラムボンがHAHAHA! と笑ったよ」
「……そのクラムボンは、嫌だね」
「そうだね」
「……クラムボン、アメリカ人なのかな?」
「っていうか、なだぎ武が物真似する外国人キャラみたいだね」
「そうだね」

拍手[0回]

【2019/08/27 18:57 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】替歌

 娘が幼稚園で習ってきた手遊び歌で、全く同じメロディだが歌詞と手の動きが2パターンある歌がある。しかし子は既に小4、親子二人とも両方の歌がうろ覚えになってしまい、どうしても歌詞が混ざる。
「山から兎が下りてきて、可愛く鳴きました、ピカチュウ」
 謎生物が発生した。

拍手[0回]

【2019/08/26 08:43 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】ピザ3
「ピザって十回言って」
 ははぁん、クイズの答えは肘(ひじ)なのに膝(ひざ)と言わせようとするアレだな、と思いながら、
「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」
と言う。
「ガンダム。ジオン公国の公王の苗字は?」
「…………ザビ!」
 めちゃくちゃ悩んだじゃないか。

拍手[0回]

【2019/08/25 16:41 】 | 小話 | コメント(0)
【小話】ピザ2
「ピザって十回言って」
 ははぁん、クイズの答えは肘(ひじ)なのに膝(ひざ)と言わせようとするアレだな、と思いながら、
「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」
と言う。
「海外旅行。パスポートの他に必要なのは?」
「…………ビザ!」
 めちゃくちゃ悩んだじゃないか。

拍手[0回]

【2019/08/24 21:58 】 | 小話 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ>>